不妊症治療で残ったもの

calendar

reload

不妊症治療で残ったもの

結婚してそれなりに性生活をこなしていれば赤ちゃんに会えると思っていましたが、全くその兆候もなく、焦り始めたときに不妊治療していた友人に紹介してもらい、婦人科に通うことになりました。

タイミング療法や体の検査を行いました。

最初は私だけでしたが、検査結果に異常はなかったので、旦那にも検査を受けてもらいましたが、異常は見つかりませんでした。

不妊症と言っても、必ずしも原因がはっきりするわけではないそうです。

排卵日にエッチをするタイミング療法、最初は頑張るぞとお互いに思っていましたが、その日に絶対にしないといけないというのはすごく嫌なものでした。

お互い仕事もしていたので、必ずその気分になるかというとそうでもないのです。

タイミング療法では授からなかったので、人工授精と体外受精と進んでいくのですが、これが結構なお金がかかるのです。

会社員同士だと、本当に負担でした。

これで、絶対に結果が出るならやる価値もあったかもしれませんが、出来ないかもしれないのにというと、やはり躊躇してしまうのです。

人工授精で1回、体外受精でも2回、妊娠は出来ましたが、すぐに流産してしまいました。

出来たという喜びから、落とされる気分、この世の中で一番不幸なんじゃないかなと思う程でした。

最初の人工授精で出来た時は、安易に家族に話していたので、周囲のがっかりしたのが目に見えて分かったので、罪悪感もありましたので、体外受精で出来たときは安定期に入るまで言わないでおこうと思っていました。

ですがどちらも安定期までいきませんでした。

子供が出来るなんて当たり前のことだと思っていたのに、いざ自分が不妊症でそれが出来ないと分かると、女性として不適合者であるような気分にさえなりました。

子供が全てではないけど、家族でいる意味があるのかなとさえ思いました。

最初は、寄り添ってくれていた旦那も、金銭的な余裕もなくなってきて、気持ちも続かないことが多く、喧嘩も増えてきました。

人工授精、体外受精、不安な時でも、寄り添ってくれることはなく、ただ精子さえ出せばいいんだろうくらいの気持ちでした。

あー、この人の子供欲しいのかなと悩む日々でした。

お前が子供を欲しいからやってやるというのがあからさまに出てきたのです。

不妊治療は女性の方は痛みを伴います。

それを理解されず、ストレスが溜まっているからと不妊治療の日は会社帰りにも飲んでくるようになりました。

夫婦だけど、一人で病気を抱えこまないといけない辛さ。

原因が分からなくても赤ちゃんを授かれない辛さ。

耐えきれなくなり、離婚しました。

欲しくて欲しくてそれでも子供が出来ないだけでも辛いのに、周囲から理解されない、強い孤独感。

離婚をして治療をしなくても良くなったけど、私に残ったものは何1つとしてありませんでした。

開放感が生まれるのかなと思っていましたけど、そこで出来た虚しさは今も残ったままです。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...