生活を圧迫している住宅ローンに後悔

calendar

reload

生活を圧迫している住宅ローンに後悔

戸建てを改築した際に発生した住宅ローンと現住マンションの家賃を払っている為、貯金が出来ずに困っています。

昨年息子が生まれたことを機に、築50年の夫の実家を改築して義母との同居をスタートさせました。

しかし同居がうまくいかず、私たち夫婦と息子は家を出て、マンションを借りることになったのです。

改装箇所は以下。

外壁塗装、1階の洗面台の入れ替え、2階の全面改装と屋根の修復、下水管の修理。

ローンの概要は以下。

1千200万円。頭金100万円。ローン払い無しで毎月6万7千円×15年です。

この改築費が高かったのか、低かったのか素人なので判断がつきません。

しかし、夫の年収と年齢(アラフィフ)を考えるとこのローンの額は払えるぎりぎりのラインでした。

そして、現在のマンションの家賃は6万6千円。

現在のマンションに最低10年は住むことを考えると、6万6千円×10年=約800万の出費が確定しています。

そうなると、2千万かけて改築したと考えても良いかなと。

で、我が家の家計なんですが、ローンと家賃の合計13万3千円。

世帯手取りは35万。

これに保険や光熱費、保育料などを支払うと生活費を捻出するのがやっと。

貯金が全くできない状態です。

改築した家に戻れば?という考えもあるのですが、義母とどうしても合わないのでその選択肢はありません。

これから息子の教育資金と老後資金も貯めなければなりません。

夫の固定給は増額しそうにない為、私も働き続けることは決定していますが、育児の傍でどれだけ稼ぐことができるのか・・・。

考えれば考えるほど不安になります。

金融庁が公表した公的年金以外に老後資金2千万、そんなお金はどこから捻出したら良いのでしょうか・・・。

今はローンなんて組まなければ良かったと後悔していますが、どのみち夫の実家は昨年の台風直撃以降、屋根が壊れてしまい、雨漏りしていました。

そして下水も漏れていて、トイレの水が長年地中に流れていたそうです。

メンテナンスを入れる必要はあったのですが、同居がうまくいかなかったことが誤算でした。

ローンを組む前は周囲の友人が家を買ったり建てたりして35年ローンは当たり前(75歳になっても払い続ける計算です。繰り上げ返済する見込みがあるのかもしれませんが)。

つい、皆が組んでいるから自分も、という思考になってしまい、抵抗が無くなっていました。

けれどよく考えたら借金ですよね・・・。

こんなに生活を圧迫するのなら、住宅ローンなんて組まなければ良かった、それが正直な感想です。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...

folder 許せない

一生許さない弟嫁
more...