お人好しすぎる親子

calendar

reload

お人好しすぎる親子

当方は48歳の女性です。今日はわたくしの友人とその息子さんのあまりのお人好しぶりで、苦労している体験談を書きます。


「子育てがひと段落したと思ったら・・・」

 わたくしはこの女性とは20年来の友達です。お互いに気ごころが知れていてとても一緒にいて居心地がいいです。

 しかしながら、彼女はとてもお人好しです。わたくしが「ちょっと人が良すぎない?」というと、「だって可哀そうだもの」と言って困っている人に手を差し伸べる人です。

 とても尊敬に値する人物ですが、お人好し過ぎます。

 そんな友人の息子さんも大学を卒業して、福祉施設での勤務を始めたようです。

 それはおめでたいことなのですが、福祉というお仕事はとても苦労が多いようです。

 そこで息子さんのお話を聞いたりしてあげたり、仕送りをしたり、色々と面倒を見ているようです。

 子育てがひと段落したと思ったら、苦労している知人を見て「本当にお人好しなんだなぁ」と思いました。


「そこまでする!?」

 息子さんは県外の福祉施設に勤務しているようですが、利用者さんが「生まれ育った故郷を死ぬ前に見たい」とのことで、息子さんもお人好し過ぎて自分の車でその利用者さんが生まれ育った町へ行ったのです。

 しかもそれはプライベートなものですから、車のガソリン代やら交通費、食事代も息子さん持ちです。

 そんなお人好しの息子さんですから、職場の人には好かれて利用者さんにも好かれているようです。

 しかしながら、そのシワ寄せが自分の母親。つまりわたくしの友人の女性に来ているのです。

 なんだかんだ毎月10万円~15万円ほどの援助をしているようです。

 そして、それだけじゃ飽き足らず「ボランティア」の名目で福祉施設で週3日ほど、掃除係や連絡係として勤務を始めたのです!

 このような行いや心構えはとても素晴らしくて素敵です。

 到底わたくしは真似できません・・・しかしながら、ここまでお人好し親子で大きな出費をして、お金にならないボランティアまでして苦労しているというのは事実ですので、もう少し自分たちを大切にして欲しいと思いました。


「もう少し自分たちを大切にしてね」

 この間、この親子と食事をしました。色々とお話を聞かせてもらいました。

 やはりとても楽しくて優しい人たちで大好きです。

 でもわたくしは言いました。「もう少し自分たちを大切にしてね」というと、目に涙をためて「ありがとう」と言ってくれました。

 本当に心から優しい人たちだと脱帽しました。苦労も顧みず人のために行動できるのはすごいことだと思います。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

この記事をシェアする

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...