癇癪持ちの子供

calendar

reload

癇癪持ちの子供

姉の子供が酷い癇癪持ちで何かあるとすぐに泣きわめいてしまう大変な子でした。

ちょっと姉が出掛けると寂しいと泣き、ちょっと叱りつけるとぐずりだしてしまうので姉は疲れ果ててる様子でした。

旦那さんの方もどうにかしようとは頑張っているのですがやはり我が子は可愛いのか強く言い聞かせることも出来ずに結局は甘えさせてしまうばかりでした。

買い物に出掛けては欲しい物があると暴れたり、時には勝手に商品を開けてしまい謝罪をして回る日々に連れて歩くことにも辟易している様子でした。

とはいえ家に閉じ込めておくと愚図り出すのでノイローゼ一歩手前の状態。

さすがに見かねた母が一度教育するから家に連れてこいと言いました。

何でも弟も過去には癇癪持ちだった様で、何かあると直ぐに騒ぎ出す子供らしく、手を焼いていたそうです。

そんな弟も歳を重ねて改善されていったノウハウがあるからと一週間の間だけ姉の子供をあずかることになりました。

その間にリフレッシュと新婚旅行も兼ねて二人はハワイへ行く事に決まり、いざお泊まり当日。

顔を合わせたことはあるとは言え、知らないおばさんの家に一人でお泊まり。

やはり親と離れるのが寂しく不安もあるのか姉と旦那さんが出掛けようとするとさっそく愚図り出しました。

そんな子供の様子に抱きかかえて解放している旦那さんに母は止めなさいと一言。

子を降ろさせるとなごり惜しいだろうけど行きなと告げ、家を追い出す形でハワイへ急がせ、そして、両親の姿が見えなくなってからは一層大きな声で泣き出した甥っ子を放置して朝食を母は作り始めました。

わんわん泣いていても「直ぐ帰ってくるからね~」と言うだけで基本的に無視している様に唖然としました。

幸いにも一軒家で隣家は居ないので騒いでも問題無いのですが結構なボリュームで泣いているのにも関わらずスルーしているのには少し可哀相だなって思いながらも母のやり方があると様子をみてました。

すると段々と甥っ子は泣いても通用しないと分かり始めたのか渋々と言った形で家に上がるとリビングで背負っていたリュックからお菓子を取り出し食べ始めました。

さっきまでの大泣きが嘘だったのかという程にけろっとしていたのでまた唖然としました。

母はやっぱり味をしめてたんだねぇって感じで嘘泣きだと見抜いていたようでした。

そうして、箸の使い方から歯の磨きかた、着替えた洋服を洗濯籠にしまう等々の躾的な事をされつづけた甥っ子は姉と旦那が戻ってくる頃にはすっかり癇癪も収まっていました。

対策としては癇癪を起こしても無視するだけ。

たったこれだけの事で解決する問題なんだなぁってのが意外でした。

癇癪は親の愛情が主な原因だと皮肉を言った母が格好良く見えたお話です。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...

folder 許せない

一生許さない弟嫁
more...