いい姑のはずが……まさかの●●!?

calendar

reload

いい姑のはずが……まさかの●●!?

30代の子なし専業主婦です。

デパコスコスメ集めが趣味で、おこづかいを貯めて自分で購入したり、クリスマスプレゼントに主人に買ってもらったりして、無理のない範囲で楽しんでいます。

主人の実家の敷地内に家を建てて、姑とは建物は別々ですが、ほぼ同居しているのと同じような距離感で生活しています。

家を建てたときに、お互いの家の鍵を「何かあったときのために」と交換していて、何かあったときはその鍵を使って、お互いに家事を手伝いあったりしていました。

たとえば姑と舅が旅行で出かけるときは、私が頼まれて掃除やゴミ出しをしましたし、その反対に私が去年入院したときは、私に代わって私の家で主人の夕飯作りなどをやってもらいました。

姑は家事が上手で、片づけも得意なので、私が帰ってきたときに調理器具やお皿はもとの位置にきちんとしまわれていて、掃除もすごく丁寧にやっていただき、本当にありがたかったです。

ですが一点、どうしても気になることがあって……姑が私のいないときに家に来たあと、私の化粧水や乳液などのスキンケア用品が減っている気がするのです。

最初は全然気が付かなかったのですが、大事にとっておいた容量の小さい美容液が、私はまだ数えるほどしか使っていないのに半分以下になっているのを見つけて、「これはおかしいぞ」と気が付きました。

もしかして蒸発しちゃった?とキャップを確かめてもきつく閉まっていましたし、主人が間違えてこぼしちゃったのかも、と思って聞いてみても、「なにそれ、さわってもいないよ」と言われるし……変に思って調べてみると、やっぱり化粧水や乳液の減り方がおかしいことがわかりました。

特に、以前と比べると美容液のなくなるペースが二倍近く早くなっていて、どうりで出費がかさむわけです。

私にも主人にも心当たりはないとなると、この家に入ってくる人はほかに姑しかいません。

でも、あの優しい姑がまさか私のスキンケア用品を勝手に盗っていっているとはどうしても思えなくて、なかなか直接聞くことができませんでした。

ですがこの間、ちょうど姑から、「窓を閉め忘れちゃったかもしれないから、中に入って確かめてほしい」と連絡があり、姑の家に入るチャンスがありました。

このご時世ですから、手を洗わせてもらいにまず洗面所に行ったのですが、浴室と隣接する洗面所には100均で買ったような無印のボトルが何個も置かれていていました。

もしかして、と思って中を開けてにおいを嗅いでみると、やっぱり私の美容液でした。

それだけではなくて、よく見ると私のお気に入りのお店のダイレクトメールが近くに置いてあって、中には化粧水とクリームのサンプルのパウチが入っていました。

そのダイレクトメールの宛名、姑の名前じゃないんです。

私の名前なんです。

まさか郵便物まで漁られていたなんて、とてもショックでした。

それ以来、姑が家に入るのがものすごく嫌になりました。

というか今すぐにでも引っ越したいです。

今はなんとかして合鍵を返してもらおうと、主人と相談しています。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...

folder 許せない

一生許さない弟嫁
more...