貧乏が心底嫌だと思った経験

calendar

reload

貧乏が心底嫌だと思った経験

私は、45歳の女性でフリーランスの仕事をしています。

小さい頃から貧乏で、そのことは仲の良い友人も知っていることでした。

浪費家の父親のおかげで、母も私も常にお金の苦労をしてきました。

お米が買えなくて泣いている母の姿を、幾度もなく見てきました。

私も学費の問題で、行きたい高校にも大学にも行けませんでした。

せっかく、行きたい高校が合格圏内だったのに、諦めざるを得ないときの悔しさは忘れられません。

成長しても、学歴の問題で勤めたい会社には行けませんでした。

ですが、友人たちは良い学校に行って、良い会社に入って、学歴が高い男性と結婚して幸せそうでした。

そうなってくると、皆と会うのがだんだん苦痛になってくるんです。

その理由は、格差を見せつけられるからなんです。

私は、アウトレットモールで購入したものですが、皆はブランドものの新作を着ているし、靴やバッグもいつも違うもの。

対する私は、いつも同じ靴やバッグ。

かなり自尊心が傷つきます。

でも、やはり友人関係は壊したくないので、できるだけ集まりには参加するようにしてるんです。

そんなときに、友人たちが旅行に行く話をしていたんです。

私には参加できそうもないような、かなり高級なプランだったんです。

誘われたときにも、用事があるからと断ったのです。

すると、一人の友人が「お金の心配はしないで良いよ。皆で出し合うから」

友人は、おそらく親切心で言ってくれたのです。

でも、ひどく自分が惨めな気持ちになりました。

こちらは、毎月の支払いのやりくりに追われて、少しのお金を貯めて貯めて旅行に行っているのに、彼女たちはご主人の稼ぎが良いため、楽々旅行に行けるのですよね。

そう思うと、本当に悔しくてなりませんでした。

お金さえあれば、堂々と友人と旅行に行けるのにと思いました。

私は、泣きたくなる気持ちをおさえて、笑顔で断りました。

貧乏は嫌だなと心底嫌になりました。

友人たちとの格差は、今に始まったことではありません。

これまで、羨ましいと思うこともありますが、人は人。

自分は自分で乗り越えてきたんです。

ですが、旅費を出してもらうというのは、まるで施されているようで、それがとても悔しかったんです。

でも、断ったことで友人を傷つけてしまったような気がして、自分としては自己嫌悪に陥ってしまいました。

もし、私が彼女たちと同じレベルぐらい裕福だったなら、そういったことで悩むことはなかったのだろうと思います。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...

folder 許せない

一生許さない弟嫁
more...