派遣で働いた工場がカオス現場でした

calendar

reload

派遣で働いた工場がカオス現場でした

この世には、こんなひどい場所もあるのかと知ったのが派遣先でした。

すき間時間に働くために派遣登録していたのですが色々な派遣先を回っている間に営業さんから電話がかかって来てある現場に数か月間お願いしたいのですがと言われました。

そして、こちらの都合と合ったので承諾したのですがその現場が本当に酷い現場で胸糞悪くなりました。

派遣先から私ともう一人の女性が派遣されてその女性と待ち合わせ場所から一緒に歩いて行きました。

その会社の社員さんはとてもいい人で親切にロッカーや食堂の使い方を教えてくれて良い所でよかったねと派遣の女性と話をしていました。

その後の地獄を想像もせずのんきに現場に向かって社員さんからパートのおばさんへバトンタッチされました。

そこからがカオスで酷い扱いが待っていました。

通常派遣というのは、スポット的に募集される存在なので難しい作業は当てがわれず誰にでも出来る簡単な作業をさせてもらうのですがここでは、いじめかとおもうほどの絶対に出来ない早いライン作業をいきなりさせられてもちろん出来なくてラインを止めてしまうので怒られるのの繰り返しで心が折れ掛けました。

これは、パートの社員の采配で決めることなのだろうかと怒りが沸いてきましたがとにかく大声出して返事だけはしていました。

大人しくしていると余計舐められると思ったので大声を常に出していました。

その場所から別の場所に移動すると普通の業務が待っていてほっとしたのもつかの間、また別の場所へ呼ばれました。

そこは、大学生の男の子が若い太った女性社員にいたぶられている酷い現場でした。

明らかに他の子に比べて難しすぎる作業を与えられて、他の派遣も可哀想だと思いつつ誰も文句を言えずその大学生の子がひたすらテンパっていたのですが正直むかつきましたね。

庇ってあげられないチキンな自分にもむかつきました。

すると、同じく派遣の中年男性が声をあげました。

すみません!この作業はきつすぎて私が手伝って良いですか?と言ったのです。

おじさん!凄いと思って感動していたらその意地悪な太った女性社員がすごい目でにらみつけてその作業は、あなたの担当じゃないからと言ってそれを許しませんでした。

本当に、こいつ私生活で何があるんだという程性格が悪くて最悪でした。

しかし、こいつ私には、優しくて謎が残りました。

結局その男の子が余りの早さに出来なくなってしまいやっと他の人の手伝いを入れることになった時も嫌味たっぷりでした。

その後のお昼ご飯にも嫌なパートのおばさんが沢山いて本当にどんな会社なんだと思いました。

他の派遣先でこんな目に遭った事は無くて皆さんとても丁寧に接してくれたのでカルチャーショックにもほどがありました。

大学生の男の子が可哀想で仕方ありませんでした。

この記事をシェアする