エアコンの修理もしてないのに代金の支払いって?

calendar

エアコンが故障して水が漏れるという事態に陥った際、エアコン専門の修理事業者に来てもらったことがあるんですが、修理できないと言われたのにもかかわらず、出張料をいただきたいということで憤慨してブチ切れたことがあります。

おそらくですが、こちらが女であるということを理由に修理できもしないのにもかかわらず出張料だけはいただけると思ったんでしょうが、あまりにも態度が悪く、修理すらしないのはおかしいだろうということでブチ切れてしまいまして、言い合いになったことがあります。

というのも、普通修理業者って、修理を行う際、エアコンをあけて確かめるなりなんなりをすると思うんですが、エアコンのリモコンを操作して水が漏れることを確認したら、修理できないといいました。そのうえで、「あんたは何を修理できるんや、やかんの水漏れすら直せんやろ」と自分の思ったことを修理事業者にぶつけてしまって言い合いになったことがあります。

ちなみに私の自宅は、一軒家だったんですがあまりにも私が憤慨して激怒したためでしょうか、隣人の仲の良い人がやってきましてそこからさらに事態が複雑になり、この業者を警察に突き出してはどうだろうという流れになりまして、隣人の言うとおりに突き出しました。

どうやら、この修理事業者というのは、修理能力は無いらしく、嘘の事業者の様で、一括エアコン修理サイトに能力がないにもかかわらずに自分は修理業者であるということで登録していたようで、出張料の5000円を貰えればそれでよしという考えで事業をしていた人物だったのです。

ちなみにですが、私としても疑問を思った点がありまして、なぜ、一括エアコン修理サイトで自分の性別を入れる必要性があったのかという点と何故、業者でもない人物が簡単に業者を名乗れるのかという点が気になりまして、調べたところ、どうやら、エアコンの水漏れについては、水が漏れ無くなればよいという考えなので、言ってしまうとエアコンを修理せずとも水さえ抜き出せば、エアコンを修理したとみなすガバガバな規約らしく、一括修理サイトなんかは、資格を必要とせず誰でも会社というものを持っていて個人事業者であれば、簡単に事業者を名乗れたようなのです。

今現在はどういった仕組みで、一括修理サイトでエアコンの水漏れの修理の査定をしているかわかりませんが、私はこのことで、地元のエアコンの取り付けをしてくれた人に任せるというのが一番良いと学習しました。

folder 暮らし、健康、子育て

生活を豊かにする食事
more...