義祖母の介護、姑から真綿で首を絞められる

calendar

reload

義祖母の介護、姑から真綿で首を絞められる

主人と結婚して14年。同居することもなく、姑とは適度な距離を保ち、いい関係を築けていました。
姑は、品があり、控えめで気遣いができる人です。
仕事もプロフェッショルで、私自身も専門職なので、尊敬する場面も多々ありました。
俗にいう嫁、姑バトルなんて私には無縁のものだなと他人事で過ごしてきました。

私の今住んでいる家は、義理父母とは同居ではないのですが、主人の祖母が一階にすんでいます。
つまり主人の母の母です。
昔2世帯住宅として建てた立派な家なのですが、主人の父とこの一階にすんでいる主人の祖母の折り合いが非常に悪く、建てたものの、結局住むことはありませんでした。
なので30年、一階に主人の祖母と祖父がずっと2人で暮らしていました。その後祖父が亡くなり、1階に一人で住むことになった主人の祖母。
それまでマンション暮らしをしていた私たち夫婦と子供、合わせて4人が去年から2階に移り住み、奇妙な生活が始まりました。

姑からは、移り住む際に「おばあちゃんの介護とかは一切しなくていいからね。
私と妹が、今後必要になった時にするから。安否確認だけしてくれればすごく助かるわ」と言われました。
主人の祖母は93歳ですが、自分のことは自分ですべてできていました。

しかし、状況はすぐに一変しました。
祖母が自宅で転倒したのです。
幸い大腿骨骨折のようなことは起こりませんでしたが、動きに不自由がでることが多くなりました。
寝たきりならまだ介助しやすいのかもしれませんが、なまじ動けるので余計に危なくなりました。
見守りが増えてきて、移動も介助が必要になる場面が増えました。

姑と相談し、介護保険の見直し依頼をし、ケアマネージャーさんに来てもらうことになったことから、真綿で首を絞めつけられることが始まりました。
ケアマネージャーさんが問いかける内容に、答える姑。
その姑の一言一言に今まで感じたことのない嫌な感じを受けました。
「見守りは大変だけど、私がやらなくてはしょうがないです。」「だれか手伝ってくれると助かるなと思う時がある」「子育てしている2階に住んでいる息子夫婦には声をかけれない」とか、私が同席している介護会議でそういう発言がなされます。

ケアマネージャーさんも「それならお嫁さんにこれは頼んだらいかがですか?」「一人で抱え込まずお嫁さんに」「一緒に住んでいるお嫁さんにお風呂は頼めないんですか?」と私を提案してきます。

いたたまれない空気間の会議が月に1回開催され、毎回私も同席させられます。本当に苦痛な時間です。
「おばあちゃんのこれをお願いできる?」と姑が言ってくれればそれで終わりなのに、自分の口は濁さず、ケアマネージャーさんに言わせる感じや、私に悟ってもらおうとする雰囲気に嫌気がさしていて、今本当に冷戦状態。
こんなことなら、はきはき物をいう姑のほうがましなのかなと思う事すらあります。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ