40代になってから感謝したこと

calendar

reload

40代になってから感謝したこと

私は40代女性で会社員をしていますが、40代になってくると人に有り難さを感じられることがあっても自分が感謝するということはほとんどありませんでした。ですが、この前40代になってから自分の方から有り難いと思えることがありました。それは友人からのお誘いでした。

40代になってくると親しい友人を作る機会というのは10代や20代と比べると減ってきてしまいます。日々家と会社との往復で平日は時間を使ってしまって、週末仕事が休みの日は家でゴロゴロしているという日々を送っていました。そうしたつまらない生活をしていた私に友人から地元のテニスサークルの勧誘を受けました。中学と高校はテニス部に入っていたのでテニス自体は経験がありましたが、大学に入学してからはサークルには入りませんでした。そして社会人になってからも特に運動するということもありませんでしたので、サークルにも入っていなかったので親しい友人を作る機会はほとんどなかったです。それが友人からのお誘いがあって、テニスサークルに入らないかと誘われたことで良い機会なので地元のテニスサークルに入りました。

テニス経験もあったので、迷うことなくそのサークルに入ろうと思いました。なお、地元地域のサークルということもあって月謝もリーズナブルでした。そのサークルには親しい友人もいましたので特に緊張することもなかったです。それに友人を通じて同じサークルの仲間とも親しくなりました。それからは日々の生活がより楽しくなりました。40代になってからも親しく友人を作ることができたので、友人がこのサークルに誘ってくれたことがとても有り難かったです。

月に2回ほどサークルに参加をしました。そしてサークルの仲間同士の親睦を深めるための飲み会も定期的に行われていたので、時間がある時にはその親睦会にはできるだけ参加をしました。友人はお金では買えない宝なので、40代になってからもその宝を手に出来たのは人生の中ではかなり大きなプラスになりました。今後もこのテニスサークルには入り続けていきたいです。今でも毎月数名ほどが新規でこのサークルに入ってくるので、サークル自体の活性化も行われています。それにこのサークルは皆が和気あいあいと楽しくテニスができるので、とても居心地が良いです。体力が続く限りはこのサークルに入り続けていきたいと本気で思っています。

この記事をシェアする

folder 暮らし、健康、子育て

生活を豊かにする食事
more...