アパレル企業でのパワハラ上司のもとで8年間。

calendar

reload

アパレル企業でのパワハラ上司のもとで8年間。

アパレル企業で8年間正社員として勤務してきました。
レディースアパレルで百貨店やショッピングモールなどに全国50店舗ほど展開していました。
はじめは販売員として入社しましたが、その後管理部に異動したときから上司のパワハラが酷いです。

その上司はプライベートと仕事の境目を分けていない人で、部下にはすこしでも手を動かしていないと嫌味を言ってきたり、当の本人は会社携帯で大学生の息子と仕事中に電話したり、勤務時間内に友人と映画やご飯にでかけ、接待費として経費で個人的な食事代を切るなど暴走していました。

なかでも特に酷かったのは社員のことを好き嫌いで判断することでした。
愛想がよく、お土産や差し入れをしてくれるスタッフなどのお気に入りの人に対しては、売上目標に達していなくても「いいよいいよ、頑張ったもんね」と優しい言葉をかけているのに、気に入らないスタッフに対しては達成しても当たりまえ、むしろ目標が低すぎるときつい言葉を言います。
人事査定やボーナス査定も売り上げ成績ではなく好きかどうかで判断していました。

 販売員に対してはあまり好きでないスタッフが少しでも太ると「雪だるまみたい、コロコロ転げ落ちて消えればいいのに」と言っていた時はびっくりしました。
子育てでどうしても子供の熱が引かなくて連休で休みを取ったスタッフ本人に対して「あんたは給料泥棒」と言ったときは訴えられるのではないかと思うほどでした。

 さらに販売スタッフが妊娠し産休を取りたいと申し出た時は、とても嫌そうな顔で「人足りないときに作りやがって」と言い、そのスタッフが流産したと本社に連絡が入ったときは「ラッキー!!」と笑顔で電話で話しているのを見た時は鳥肌が立ちました。
人として本当に終わっている人だなと感じました。

 また育休中に解雇することは法律で禁じられていますが、育休明けに戻ってくる場所がなくなりそうになった時は、本人から退職を申しだすように仕向けるなど理解がしがたいことばかり好き放題していました。

 スタッフに対して厳しいくせに自分には甘く、遅刻も毎日のようにし、6時が定時ですが、4時半ごろに帰るのは当たり前という勝手なルールも作っていました。
タイムカードも押していませんでした。

 暴走しているこの上司を止められる人は誰もいない会社自体にも問題があると感じています。
誰も怖くて指摘できていませんでした。
数十年以上この体制で働かせている会社は本当に酷いと思います。

この記事をシェアする

folder 思い出

甘い玉子焼き 
more...