あまりのドケチ節約生活にドン引きしてしまいました

calendar

reload

あまりのドケチ節約生活にドン引きしてしまいました

こんにちは。当方は47歳の女性であり、私の友人のドケチ節約生活を紹介したいと思います。

「冬は暖房なし!そ、それが当然なの?」

   その日は真冬です。毎日氷点下を記録しており、最高気温が1℃や3℃と非常に寒い毎日でした。

 「久しぶりにお茶でも飲みに来なさいよ」と言われて、遊びにいきました。

 ところが、めちゃめちゃ寒い部屋だったので、わたくしは「あっ。どこからか帰ってきたばかりなのかな?」思っていたのですが、1日中家にいるような感じのお話をされました。

 わたくしは思わず、「暖房は?」というと、「暖房?そんなもの使わないよ。冬なんだから寒くて当然でしょ」と当たり前のような顔で言われました。

 「だ、暖房なし?」と驚くと、「そんなに驚くことなの?」と逆に驚かれてしまいました。

 友人は「寒いなら家で厚着すれば大丈夫だもの」という事でした。

 この時は10分~15分くらいで部屋から退散しました。

 このようなドケチ節約生活は非常に、健康やメンタル面も壊すと思いました。それでも壊れない友人が非常に頼もしく思いました。(笑)

「食器洗剤は半年に1度、1本購入すればOK」

 その他にもびっくりしたのが、やはり主婦同士なので食器洗剤の話になりました。

すると「毎月2本も購入するの?」というので、「そうね」というと「あたしは半年に1度かな。1本購入するだけ。」というので、わたくしは「もしかして水で薄めるの?」と問いました。

 すると「当然でしょ?年間で300円~500円は浮くのよ」との事でしたので、このドケチぶりにも非常にビックリしたことを覚えております。

 そして、「300円~500円あれば1週間の生活費になるもの」と言われた時に、「どうやって暮らすの?」というと、「納豆やもやし、焼きそばや焼うどん等にすれば結構贅沢に食べられるよ」との事でした。

 「焼きそばとか焼うどんは高級品でしょ」と言われた時に、絶句してしまいました。

 ですがこのようなドケチ生活をしているので、かなり節約に関する知識はある方だと思います。

 したがって「ちょっと節約したいな」という時に、彼女にアドバイスをしてもらうようにしております。

 そのアドバイスを参考にして、ちょっとだけ節約をする事で、非常にお金が浮きますし、節約の知識もつけることができて一石二鳥という感じです。

 ですが、もう少し彼女には節約を辞めて楽しく過ごしてもらいたいと友人として思いました。

folder 思い出

甘い玉子焼き 
more...