人生で1番許せない出来事

calendar

reload

人生で1番許せない出来事

私は、7年前にとても嫌なことがありました。
仲良くさせてもらっていた医師がいてSNSで友達になり、世間話をするような間柄でした。
私は、あまり他人に自分の話をするタイプではないもののその先生にはわりと自分の弱い部分も見せることができ、心を許せるような人でした。私は、パニック障害を持っていて、それを周りに隠して生きていました。外に出かける事が辛いこともあったり、動悸や吐き気など、様々な症状に悩まされていて、一人でしんどい思いをしていたのですが、家族には理解してもらえず、毎日がとても辛かったのです。そんな話を馬鹿にせずに聞いてくれたのがその先生でした。

そんな良好な関係が続いていたのですが、2年くらい経った頃の事でした。先生の奥様や友人も同じSNSを利用していたのですが、そのSNS経由で先生の奥様に嫌がらせメールが届いたそうです。
普段からすぐに離婚を口にするような奥様で、私は苦手なタイプなので全く私は交流はなかったのですが、奥様は先生のSNSの友達にいた私が嫌がらせメールの犯人だと言い出しました。
当時、地域の総合病院に先生や先生の奥様が働いていて、私自身や私の子供もそちらの病院にかかっていました。
体調が優れないときは先生に診て貰うこともあったのですが、私のことは診察しないでくれ、もし診察したら離婚すると奥様は言い出し、そんな事がいち勤務医の先生の判断でできるわけはなく、先生は上司の先生にその経緯の話をされたそうです。

先生は、私は嫌がらせメールをするような人でないこと分かっていたけれど申し訳ないと謝ってくれたのですが、許せないと思いました。
すぐに訂正と謝罪を求めましたし、告訴しようと思いましたが、自分自身が体調を崩してしまいそれどころではありませんでした。

私のことなんか知らなかった医師や病院全体にまで、私が嫌がらせメールの犯人だと思われ、子供を受診させるのも精神的に辛くなりました。私のパニック障害は悪化してしまい、突発性難聴を発症し左耳が聴こえなくなった私は、当時3人目を妊娠中だったのですが、耳と精神的な治療のために3人目の子供を諦めて、人工妊娠中絶という選択をしました。
さらに精神的にもしんどくなってしまい入退院を繰り返し、周りには多大なる迷惑をかけてしまい、その後3人目には恵まれずに今に至っていて、今からでも訴えてやろうかと考えるくらい私の人生の中では許せない出来事となっています。

folder 暮らし、健康、子育て

生活を豊かにする食事
more...