ミニマリストは料理もコンパクト

calendar

reload

ミニマリストは料理もコンパクト

毎日料理を作ることは、とても大変ですね。
特に暑い時には、さっと済ませたいと思います。
そこでミニマリストとして生活をしたい私は、料理についてもコンパクトに作ることにしました。
コンパクトに作るとは,どんな事なのでしょうか。
私なりのミニマリストの料理生活についてご紹介します。

・作るのは一品だけにする

一人でいる時には、作るのは必ず一品だけとしています。
ほかの料理を作ることは、それだけ必要な物品を揃えることになるので、そのことが嫌なのです。
一品だけにすることにより、最低限の物品だけで済ますことができます。

・カット済み野菜を利用する

今は便利なものがたくさんありますね。
特に利用しているのは、なんといってもカット済み野菜です。
これは本当に便利です。
野菜を炒める時などは、それを入れるだけでいいのでとても助かっています。
その時、一種類だけではなく数種類の野菜が入っているものを選ぶことにより、ビタミン類なども豊富に取ることが出来るし、食物繊維だってしっかり取ることができます。

・調味料もシンプルにする

料理に関しては、必須のものとして調味料があります。
その時、似たような味の調味料に関してはひとつに絞ることにしました。
まずなんと言っても欲しいのは醤油ですね。これは置いています。
あとはソースやそのほかの調味料を揃えるところですが、そのソースの代わりにケチャップを使うことにしてそれだけで洋風のモノの味付けをすることにしました。
ソースはそれで不要となっています。
ケチャップだと、トマトの栄養もしっかり取れるのでその点でも助かっています。

・少し作りおきをしてシンプルな冷蔵庫にする

私の家では、作りおきをすることがあるのですがそれをたくさんではなく少しにして残すことにしています。
冷蔵庫の中にたくさん入っていると、どこに何があるのか全くわからないこともあるからです。
作り置きをするのは、料理を作って余ったモノだけをビニール袋にいれてそのまま冷蔵庫で保管をすることにしています。
それだと、シンプルにそんなにごちゃごちゃした感じになりません。
しかもビニール袋で収納するので、その点でも場所を取らないのです。
ビニール袋は、そのまま使ったあとに捨てることが出来ることもとてもいいメリットです。
そして空気をあまり含まずに、しっかり空気を抜いておくことにより長く保存をさせることができます。

いかがでしたか?料理もシンプルにしましょう。