何年もつき続けていた嘘

calendar

reload

何年もつき続けていた嘘

私が学生の頃、我が家はとても貧乏で学校に持っていかなくてはならないお金を持っていくことができずに何度も恥ずかしい思いをしたことがあります。
担任の先生にとって、数千円のお金はどこの家庭でも支払うことが出来るものと考えていたようで、お金を持ってこない生徒は期日も守ることができないやつというようなレッテルを貼って、「まだ~と~から金預かっていないぞ」などと平気で言うような感じでした。

親に言っても「ちょっと待って」と言われるだけ。
お金だけ提出することができないと、周りから貧乏だと思われると危惧した私は、お金以外の提出物も出さないようにしてカモフラージュし、貧乏であることを隠すための嘘を重ねていったのです。

更に、追い討ちをかけるかのように、先生が直接親に支払いの件で電話などをしても、親も貧乏で支払えないなんて言いたくない為か、「娘に渡してあります」などと平気で先生に言ってしまうのです。
もらっていないということや、大人の親が平気で嘘をつくことがバレたら、私はかわいそうな子どもだと思われると思ったため、否定することもなく「だってお小遣いくれないんだもん」などと嘘をついていました。
私は先生からも怒られて、支払いのお金を使い込む問題児となっていったのです。

貧乏であることがバレたら恥ずかしいと思っていた私は、こうして学校では劣等生に自らなり、当然小、中、高は先生からだらしない生徒として要注意人物のようにされていました。
しかし、高校生活最後の年、お金の支払いが間に合わなくて期限が切れてしまっても、新しく担任になった先生は何もいいません。
これまで、親に報告したという話も聞きません。
このとき、私は出来るだけ自分の支払いは自分で済ませようとバイトをしていたのですが、家にお金を入れていたので、予定外の(親に請求書が届く)支払いは出来ないことも多かったので放置するしかできないことも多々ありました。

そうして、高校最後の年は親と先生の間で支払いのことに悩まされることなく、卒業を迎えたのです。
支払いはどうなっているんだろうというような思いで、卒業を数週間後に控えたとき、面談がありました。
その時も先生は何も言ってこなかったので、「そう言えば、この前のお金、渡し忘れてた気がする」とふざけ半分で聞いたところ先生は「就職してから払ってもいいよ」といってくれました。

「私も家が大変だったからわかる。でも、嘘ついて自分を落としたら損するよ。変に親をかばってはだめ」と諭されて私の嘘がばれていたことが分かり、とても恥ずかしい思いと、同時に分かっていてくれたことに嬉しい思いも感じてしまいました。
長年つき続けていた嘘は私の評価を落として、一つの嘘で自分の人生を台無しにしてしまったのではないかと思うと、「我が家は貧乏なんです」と言えなかった過去の私が恨めしいです。

folder 思い出

甘い玉子焼き 
more...