ローンは計画的に利用する大切さを実感しました

calendar

生活していて給料日までお金が足りないと感じた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
住宅ローンや家賃そして食費など色々とお金がかかります。
そんな困った時に頼りになるのは、銀行や消費者金融のフリーローンですね。
そんな私もフリーローンで失敗した経験があります。

そのきっかけは、当時働いていた職場を通して申し込んだ其銀行のフリーローンです。
その当時はまだ20代前半で給料は手取りで13万円でした。
実家暮らしをしていたので、5万円を入れてから残りで生活していました。
主な使い道は、お昼代・ガソリン代・携帯代です。
生活は何とかできましたが、友人や職場の飲み会が入った時はとてもきつかったです。

とにかく、飲み代はお金が掛かりますね。
ファミレスなどは1,000円程度で済みますが、飲み屋さんに行くと1店だけで5,000円以上かかってしまうことも珍しくありません。
カードローンを申し込んだのは、飲み代などの急な出費に備えるのが主な目的でした。
カードを発行してから、最初は順調に返済していましたが、一度だけ大失敗してしまった経験があります。
一時期、パチンコで好きな機種があったためそれを打つためにカードローンを利用していたことも。
酷い時は、クレジットカードのキャッシング併用し自転車操業を行っていたほどです。
自転車操業も長続きはしませんでした。

とどめの一撃は、年末に自動車で物損事故を起こしてしまい修理代も必要になりました。
カードローンの借入残高も膨れ上がり、期日に返済できませんでした。
引落日に平静を装い帰宅したら、速攻で親から「何か隠していることない?」と尋問を受けたのです。
正直にお金に困っていたので、ローンカードを発行したことを説明しました。
それから1時間近く説教を受けましたね。

親は現金主義で家の購入以外はローンを利用しない派です。
例えば、高額な乗用車や水廻りなどのリフォーム代も全て現金で支払います。
結果的には親が肩代わりしましたが、二度とカードローンは利用するなと釘を刺されました。
それ以来は、キャッシングは多くても2万円以内に留めています。
経験上、借金額が月収の3倍以上になると返済がきつくなりますね。
借金の代表格な住宅ローンも年収の5倍以内に留めた方が無難だと思われます。

ローン嫌いな親は、家を建てる時も購入代金の半分程度は現金を準備した話を聞いたことがあります。
特にボーナスをアテに返済プランを立てると、それが減った時に返済が困難になってきます。
お金を借りる目的は色々とありますが、計画的に利用することは大事ですね。

folder 思い出

甘い玉子焼き 
more...