カードローンの恐怖!実際の支払額ってこんななの!?

calendar

reload

カードローンの恐怖!実際の支払額ってこんななの!?

私は元々お金使いが荒く、特に大好きなパチンコは学生の頃から、大勝すると大きな買い物をする反面、酷いときではバイト料が入った次の日に全部使い切ってしまうという、そんな感じだったので自分のような人間はクレジットカードなど、絶対に持つべきではないと自覚はしていました。

ところが。

世の中は次第にキャッシュレスの方向へ流れていきます。

そして、例えばTSUTAYAのレンタルカードなどもそうですが、いつ頃からかポイントカードがクレジットカードと一体化される事が一般的となりました。

クレジットカードが怖い。

そう思う反面、ポイントの還元率なども含めて考えると、レンタルショップ、それからガソリンスタンドはクレジットカードがお得という店員さんの強烈な勧めで、ついに初めてのクレジットカードを持ったのが、私が27歳の頃。

決め手となったのは、結婚し、新婚旅行へ行くときでした。

ハワイへ行ったのですが、海外は現金を持ち歩くリスクが高いとの事で、使う、使わないは別としても家計のことも考えるとその二枚のカードは、今作った方が良いという結論でした。

ガソリンカードはガソリンを入れることと、家族での買い物の際に二人で管理するので私個人的な買い物はしなかったのですが、TSUTAYAカードはレンタルの度に現金精算ではなくカードで精算していました。

最初はレンタルだけで使っていたのですが、いつの間にか慣れてくるとゲームソフトやゲーム機なども安易に購入してしまい、気がつくと月の支払が小遣いの範囲を超えてしまって、ここで初めて使ったのがリボ払い。

また、このリボ払いにも魔の手がありました。

いくら使っても定額の支払い。

実際は10000の支払に、17000円程とられていたようにも思います。それはそうですよね、金利も10パーセントを超えているのですから。

その容易さにハマり、今度は支払を、パチンコで勝ったお金でまとめて支払いたいという気持ちが芽生え、ついにショッピングではなくキャッシングに手を出してしまったのです。

約2万の月々の支払を、2万のキャッシングをして…と自転車操業。

気がつくと、カードは限度額ギリギリになってしまったのです。

最終的には70万の融資額に変更したのですが、ここでようやく、毎月きちんと払っている分は利息だけと言うことに気付いたのです。

ここから、色んな方法を模索。

最終的には自宅を購入する際に住宅会社から、カードローンもおまとめで支払うこととし、そこでようやく精算出来たのですが、今にして思えばよく家族にバレずに対応できたと冷や汗ものです。

ちなみにですが、カードローンは利率がかなり高い設定ですが、その中でも会社によってだいぶ違うのかと思います。

例えば、ショッピングメインのカードでのローンはやはり金利が高い。

逆に、銀行系のカードローンは勿論無担保ローンなので住宅ローンや自動車ローンと比べるとかなり割高なのですが、まだ消費者金融よりはマシかと。

ソニー銀行のカードローンはその中でもだいぶ金利が良心的かと思います。

ですが、1番はその容易さにだまされないことでしょう。

folder 思い出

甘い玉子焼き 
more...