40代女性が転職すると収入面は激減した 

calendar

reload

40代女性が転職すると収入面は激減した 

会社からのパワハラやモラハラによって管理職をしていましたが、メンタルがズタボロになってしまって会社を辞めてしまいました。それが40代前半です。女性の自分にとっては40代になって会社を辞めた後の不安はありましたが、このままこの会社にいてもメンタルがやられて日常生活に支障をきたすよりもましだと思って会社を勢いで辞めてしまいました。それからは収入が激減しました。

辞めた会社ではそこそこの給料をもらっていたので辞めた途端、その稼ぎが途絶えたことで生活が苦しくなりました。自己都合で退職したこともあって失業保険もすぐには下りなかったので、その間は貯金で何とか生活をしました。会社を辞めてから1ヵ月間くらいは休養しました。それからだいぶメンタルも安定したので転職活動をしましたが、なかなか良い求人が見当たりませんでした。

40代女性ともなると応募できる求人も少ないので、相当困りました。それでも何とか腐らずにハローワークや求人誌をフル活用して何とか応募できる求人には応募しまくりました。10社以上応募して面接まで辿り着けたのはわずかに2社だけでした。幸いにもその2社からは採用の通知を受け取りましたが、どちらも辞めた会社よりも給料はかなり少なかったです。

ここで自問自答しました。本当に新しく働く会社はここで良いのか、相当悩みました。ですがもう他に働ける会社がなかったことで採用された会社で働くことを決めました。女性かつ40代という年齢ではもう贅沢も言ってられなかったため、給料面では不満がありましたが早く社会復帰もしたかったので採用された会社の2つの会社の規模や仕事内容から判断して1社に決めてそこで働くことにしました。

働き始めてから最初の給料が入りましたが、さすがに凹みました。以前働いていた会社からすればかなり給料が安かったので、日本の転職は厳しいことを改めて思い知らされました。そうしたことから、ここでしばらく経験を積んで独立して自分で会社を立ち上げた方が良いと思いました。それからはがむしゃらに働いて経験を積んでいきました。そして4年後に独立をしました。

この独立するまでの4年間は本当に苦しかったです。親にも資金面でかなり援助を受けたので何とか生活できましたが、それがなかったら相当生活は困窮していました。親には感謝しています。ただし40代女性の転職は、かなり過酷なことは身をもって知りました。もう転職したくありません。今は自分が立ち上げた会社を軌道に乗せていくことだけに集中したいです。

folder 暮らし、健康、子育て

生活を豊かにする食事
more...