住宅ローンは慎重に!

calendar

reload

住宅ローンは慎重に!

現在住宅ローン返済14年目の45歳主婦です。
住宅ローンを考えている皆様に、住宅ローンを組む前によく考えて欲しいことがあり、注意して欲しい事項として本記事にまとめてみましたので、ご参考願います。

住宅ローンと言えば、一番有名なのが「フラット35」です。
恐らく今まで住宅ローンに何の興味も関心もなかった方々でも、一度はテレビCMなどで聞いたことはあると思います。
このフラット35は昭和の昔から一番長く借りられて、無理なく返せるロングセラーの住宅ローンなのではないかと思います。

このフラット35ですが、名前の通り、35年間掛けて返済します。
このフラット35の注意点は、長く借りられて良さそうに見えますが、実は返済期限は70歳までだったりするので、35歳までに組まないと契約できません。
我が家も主人が36歳だったので「フラット35」で契約できず、30年ローンになって、毎月の返済額が上がってしまいました。年齢は要注意です。

次に住宅ローンと言っても、人それぞれ住宅を建てる時の条件が異なるので、どこまで借りればよいかは変わってくると思いますが、一番お金がかかるパターンは、土地から家から何もかもすべてを新規購入して、しかもそれを全部自力で何とかしなくてはならない場合になります。

これはあくまで全国標準的な住宅ローンの概算ですが、土地は家を1軒建てるのに必要な敷地が概ね50坪で約2000万円(当然大都市圏はもっと上がります)かかります。
さらにウワモノと呼ばれる住宅を建てる際にも坪単価30~60万円としても2階建ての40坪の家を建てれば、1200万円~2400万円の建築費用が掛かります。

建築費用に幅があるのは、木造でオプションなしが一番安くて、耐荷重や耐火性の向上を求めて鉄骨にするとその倍以上はかかり、さらに欲しい気持ちはわかりますが、オール電化や太陽光発電などの贅沢なオプション機能をどんどん追加していくと果てしなくコストは上がっていきます。

その辺は、家を検討する前から、我が家の仕様に関して、コツコツと事前に勉強しておくことをオススメします。
建てる時になって、色々決めることになっても、大抵適当に決めて、後で後悔するものです。
一例は、壁の色は標準の白より少しブラウンやグレーにした方が良い等です。
また当然ですが、これらの数千万円の住宅購入資金を、月数十万円収入のサラリーマンが、毎月毎月返済していくのは、それなりの費用と時間がかかり、勇気と決断力が必要になります。

貸す側の金融機関も貸す相手を見て、貸す条件を決めます。貸す相手に少しでも保証人や担保になるものがあれば、貸し出す金額も増えて、貸し出す利率も下がっていきます。

なので、いつ潰れるか分からない中小企業の従業員の方々よりも、安心して貸すことができる公務員や大企業の方々の方が、利率が低くなります。
又、お金を借りたい時のタイミングは、とても重要になります。
今の自分の社会的な立ち位置や信頼度、さらに今の社会情勢をよく考え、無理のない住宅ローンを組んで下さい。

例えば、我が家の場合ですが、住宅ローンを借りたのが、2006年でした。
当時は、景気が上昇中で、今借りないと来期にはまた利率が上がって、返済金額が上がりますよと金融機関や住宅メーカの方々に半ば脅されてと言いますか、急かされて、急いで契約してしまいました。

しかし、実はその後、リーマンショックが起きて、利率は一気に下落したので、一番利率の高い時に契約してしまいました。
おかげでその後の10年間は地獄の住宅ローン返済生活でした。

2016年に固定金利2.5%から変動金利0.8%に下がって、年間の返済金額も約100万円程度下がったので、この金利の見直しはとても重要です。
特に昨今の日本経済は、ハッキリ言ってもう良くなることはないので、金利はずっと低金利ですから、変動で全然構いません。

少しでも高い金利で貸したい金融機関に騙されない様にしてください。
やはり所詮、金融機関や住宅メーカの営業さんの言うことなんてのは当てにならないと言うのは、住宅ローンを組んでよく分かりました。
つまり、住宅ローンを返済するのは自分自身であって、その返済計画は慎重に選ぶべきなのです。

決して焦って契約してはいけません。
何なら、出来る限り、最初の内は利率のかからない両親や兄弟や親族や会社や地方自治体などの安く借りられる方々に相談してみても良いと思います。
金融機関や住宅メーカーは早く処理したいので、彼らの都合で急かしてきますが、そのペースにはまらない様に気を付けましょう!

今一度、復習ですが、住宅ローンを組む上での注意点は、35歳以下であるか否か、そして、なるべく金利の低く借りられる方法を徹底的に探して欲しいこと、家を建てる前から住宅について色々勉強して無駄をなくすこと、金融機関や住宅メーカのペースに絶対はまらないこと、この4点を肝に銘じて、住宅ローン返済計画を立てて頂きたく、宜しくお願いします。

あと番外編ですが、お金はないけどどうしても一軒家が欲しい方には、中古物件もおすすめです。
これもその条件次第なので、何とも言えませんが、新築の半額以下で入手可能なので、どうしてもという場合のオススメの手段になります。
それでは、皆様のご健闘をお祈り致します。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ