友人の不倫喧嘩に巻き込まれる 

calendar

reload

友人の不倫喧嘩に巻き込まれる 

当時、私が23歳くらいの時の話です。
会社の同僚に、2歳年上の女性の同僚がいました。
個人的にも仲が良く、しょっちゅう飲みに行ったりしていた仲です。
二人とも結婚をしていなかったことと適齢期だったこともあり、飲み会の話題はいつも恋愛話で、「こういう人と結婚したい。付き合いたい」といういわゆる女子トークがメインでした。

同僚の女性は、何に対してもストイックで外れたことは大嫌い。いつも正しい方法で誠実であり頭もよかったです。誰もが憧れるような女性でした。

そんな彼女に「ついに彼氏ができた!」と報告を受けたのでした。
私まで嬉しくなり、その日は祝杯を挙げるためにまたも飲み会へ。根ほり葉ほりして楽しみました。
相手の男性は、海外の方で英語教師をしている。仕事のために日本に来ており今後は日本でも生活がしていきたい。ということでした。
彼が英語と日本語ができたため、コミュニケーションは難なく取れていたようです。

これからうまくいくか、ドキドキわくわくだね。なんて言っていた矢先でした。まさか、あんな修羅場に私まで巻き込まれるとは思ってもいませんでした。

交際が数か月続いた矢先、「今日はデートだからお先に失礼するね」といって先に同僚が退社しました。
その30分後くらいでしょうか。会社宛てに電話がかかってきました。同僚でした。「カッターかハサミを、もってきてくれないか。可能な限り、大きいのを持ってきてほしい。ビルの下にいる。」ということでした。

私は、デート中なのにカッター?ハサミ?と思いましたが何か急に必要になったのかもしれない。と思い、なるべく大きなハサミを探しました。が、オフィスなのでそんなに立派なハサミがあるわけがありません。ちょっと大きめの工作用のハサミを片手にビル1Fへ降りました。

1Fのエレベーターを降りてみると、同僚と胸倉をつかまれた男性が地面にへたり込んでいました。驚いていると同僚が私に向かって「こいつ、不倫してる!奥さんを国において、私とヤったんだ!!」と絶叫していました。周囲の人が集まってきて、輪になっていました。

「こんな最低な人間、二度とたてなくしてやる!」と叫びながらハサミを私に渡すようにいってきました。

これは渡してはいけない。と思い私も驚いてしどろもどろでいると、警備員の方がやってきて、彼は保護されました。
大きなビルだったことですぐに警備員が来たこと、流血沙汰にはならず大声で痴話げんかをしただけとして処理され、警察沙汰にはならずすぐに同僚は解放されました。

詳しく話を聞いてみると、その男性は自分の国に奥さんがいて子供も2人いる。しかも現在、妊娠中。日本に訪れている際に浮気をしていたようです。
ハサミは、彼氏の局部を刺してから丸刈りにしてやろうと思った。ということでした。

奥さんがいる事実を今日、彼の口から言われたようでした。うまいこと同僚との浮気と奥さんを両取りできたら。と彼は思っていたのでしょうが、同僚の怒りは半端ではありませんでした。

正義感の強い彼女だったからこそ、起きてしまったことだと思いますが、こんな修羅場に出会うことはもう二度とないと思います。

folder 暮らし、健康、子育て

生活を豊かにする食事
more...