パートナーがギャンブル中毒辛い

calendar

reload

パートナーがギャンブル中毒辛い

人付き合いの一環としてパートナーが競馬やパチスロに遊びに行くようになりました。ギャンブルに対して否定的だった為、最初の内は嫌々付き合う感じで、一度に使うお金も一万円程度だったのですが一度大勝ちしたのを切っ掛けに本格的にギャンブルを勉強し始め、徐々にやり方を覚え出すと使う金額も多くなって行きました。

毎週、日曜日だけの行事だったのが、付き合いじゃ無く一人でも行くようになりました。パートナーは元々趣味が無い人だったので多少はギャンブルしてても良いのかなと思っていたのですが、負けて帰ってくると機嫌が悪くなったり、使う金額も趣味の域を超える程になったりしました。家計を管理していたのは自分だったので最低限の支払いと貯蓄は出来ていたのですが休日に二人で出掛けたりする事がなくなり、平日の仕事終わりにもギャンブルをしてしまうので帰りが遅くなったりしました。

いろいろな物を蔑ろにしてギャンブルをしていたパートナーですがついには自分に内緒で消費者金融を利用する様になりました。先ほどにも言いましたが給料の管理は自分がしていたので本人が自由に使えるお金は月に四万円でした。その金額では酷い時には一日で使い果たしてしまうこともあり、遊ぶお金が足りなかったから借金をしたそうです。借金が発覚した時には三桁を超える金額となっていました。

返済するお金が足りないのでお金が欲しいと言われるまで気が付かず、まさか、借金をする程ハマっているとは思わず、そこで漸くギャンブル中毒になっていたのだと理解しました。一緒に暮らすようになってから始めた貯金だけでは返済出来る金額では無いため相当な話し合いをしました。パートナーは小遣いの内から二万近くを返済。残りをこれまで通りにギャンブルに使いたいと言います。個人的にもその程度の金額であれば良いと思うのですが、恐いのは助長して使う金額が増えないかという事です。貯金は返済に全て使う事にしました。

自分に黙って他で借金でもされたら大変だと思い、できればギャンブルを辞めて欲しいと言いましたがそれは無理だと言われました。ギャンブル以外に楽しみが無いとまで言い出したことでこのまま関係を続けても辛い思いをするだけ、ギャンブルを辞めないなら別れると言いました。パートナーからはそれでもギャンブルは辞められないと言われお別れとなりました。貯金は二人で出し合った物なので半分は返済すると言われましたが未だに返って来ては居ません。

folder 暮らし、健康、子育て

生活を豊かにする食事
more...