思春期の時期のからかいのトラウマが再燃しています 

calendar

reload

思春期の時期のからかいのトラウマが再燃しています 

今40代の私ですが親と姉に対し「許せない!」というより、「一生許せなくなっているんだな」と実感させられることがあります。

それは小学校高学年の時期です。
誰しも思春期になり第二次性徴を迎え、心も体も大きく揺れごく時期です。
それまでの私は末っ子で、また親戚の中でも一番年少という環境で、いつまでも小さい子というイメージをみんなが持っていたのだと思います。

でもやはり時期が来れば体は成長します。
胸が大きくなってきたり、生理がきたり、そのような変化に家族はいちいち大騒ぎして「何もできないチビのくせに一丁前に体だけは女になりやがって」「ちょっと胸をみせてごらん」などと言って家庭内セクハラの日々でした。

3歳上の姉はそのようなことは全く言われたこともなく、何でも3年先に経験しているはずなのに、大人側について一緒に私をからかってきたり、いきなり胸を触ってきたりしました。
そのころの私は「今日は何を言われるんだろう…」と学校から家に帰りたくないと思う日々でした。
そんなことが続き、いつしか私は普通を装いながら家族には固く心を閉ざしてしまいました。

さすがにそのセクハラの嵐は中学生くらいまでで、高校生にもなれば言われなくなりましたが、心に傷が残り、10代ならではの体の悩みや、恋愛についてなど、全く家族に相談したりということを考えられないままきました。
高校の頃は失神しそうなくらい生理痛が酷かったのですが、母親に相談することもできず、薬の知識もなく、痛みに耐えて冷や汗をかきながら通学していました。
体のことに関しては、からかわれるという経験がトラウマになり、家族だけではなく友達にも学校の先生にも、誰にも打ち明けることはできませんでした。

その後時は経ち結婚して2児の母親になり、今は思春期真っ盛りの娘と息子がいます。
自分のトラウマに関しては就職して家を出てからは特に何も感じることもなくなっていたのですが、娘が10歳くらいから第二次性徴が始まり、特に今年小6で生理が来てから、かなりの頻度で思い出してはイライラ、フツフツ怒りが再燃するようになってきてしまいました。

もちろん娘には私のような思いは絶対させないように、体の成長はいたって当たり前のことと、冷静に対処し、夫にも絶対に言ってはいけない言葉などを伝えて過ごしています。
娘は生理が来た来ないなど頻繁に伝えてくれたり、私の前では裸でうろうろしたり羞恥心がないようなので、この時期をうまく乗り越えられそうだと思っています。

半面、自分の小6のことを思い出し、お風呂に入っているときに突然開けられないかハラハラしたり、コソコソと隠れるように生理用品を使ったりしていたことが浮かんできて、家族に対する怒りが沸き上がってきます。
特に母に関してはなぜあそこまで姉と区別してからかい続けたのか、母親としてどうなのか…とそんなことばかり考えてしまいます。

そして先日、母に会ったので思い切って「私が子供の時、生理がきたり、胸が大きくなったり、デリケートなことをヤイヤイとはやし立てられて本当に嫌だった」と言ってみたところ「は?なにそれ。そんなこと言うわけない。お前は被害妄想だ」という答えだったので、もはや本当に忘れているようです。
余計に怒りが募るばかりだったので、ぶつけどころがありません。

一言でも謝ってもらえたなら、このモヤモヤは消えるのではないかと思うのですが・・。
家族にとってはすっかり忘れている一時のからかいが、私のとって一生許せない事柄になっていることが本当に悲しいです。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ