アラカンになってもパッチワークは楽しみたい

calendar

reload

アラカンになってもパッチワークは楽しみたい

 アラカンのシニアに足を一歩踏み入れた女性です。

 きっと75歳以上の後期高齢者から見れば、私など、まだまだひよっこの部類かもしれませんが、自分では、シニアにそろそろ仲間入りをしていると思っています。

なぜなら、目が見えにくくなり、耳が聞こえにくくなってきているからです。

 私の趣味はパッチワークです。若い頃から、洋裁をすることは好きでしたが、家事や育児に追われたり、仕事に追われたりという間は、あまりそれもできませんでした。

しかし、フルタイムでしていた仕事を辞めてから、時間があるため、何かしようと思ったときに、思いついたのがこれです。

きっと、それには、今80歳代の母の影響もあるかと思います。母はいまだにパッチワークをこなしていますので。

 パッチワークはとても根気のいる作業になります。

一針一針、丁寧に、細かな作業を繰り返していき、モチーフを作成して、それをつなぎ合わせて作るものです。

洋裁をしていたときには、手縫いの部分もありましたけれど、多くの場合、ミシンで、ダーッと縫っていき、子どもの洋服など半日あれば仕上げることができました。

 ところが、パッチワークはそうはいきません。手縫いですので、とても時間がかかる作業になります。

1日で仕上げることができるものなど、小さな小物入れくらいで、あとは何日もかけて、場合によっては数か月もかけて一つの作品を仕上げます。

ただ、それだけ長くかかって仕上げるものですので、ある意味シニア向きの趣味かもしれません。

なぜなら、時間だけはとてもたくさんあるわけですから。

加えて、すぐにできてしまうものとは異なり、一つのものを仕上げるのに時間がかかる分、洋服を半日単位で作っていた時と比べ、かかる費用は限定されますので、その点でも、お金が気になるシニアにとっては向いている、ともいえます。

 その一方で悩みもあります。それは目の問題です。

パッチワークはとても細かな作業になります。

もちろん、老眼鏡をかけての作業になりますが、若いころから仕事柄、目を酷使していたものですから、視力がかなり低下しており、老眼鏡をかけても、小さなところがよく見えない、ということがあります。

特に、夜になるとその傾向が強く、いくら電気をつけていても、細かなところが見えておらず、翌朝になると、やり直しをしないと、ということが少なくありません。

それでも時間だけはたくさんありますので、まあ、やり直すか、という気持ちになり、コツコツと作業をしていきます。

 こうやって、毎日を有意義に、生き生きと過ごせたら、と思っています。

スポンサーリンク

全国無料出張|その不用品 高く買取ります|【買取専門 トータル】

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...

folder シンプルライフ

玄関をスッキリとシンプルに
more...