若者の夢をずたずたにする詐欺

calendar

reload

若者の夢をずたずたにする詐欺

私は昔、詐欺にあった事があります。
今は、あんなことでも経験になったし、それがあったから今があると思えるまで傷は癒えましたが、当時は夢のために頑張っていたのに、ぷつっと糸が切れた感覚でした。
私は当時、パティシエでフランスにいつかは留学したいと考えていました。
そして留学よりもワーキングホリデーの方がいいのではないかと色々と調べていると、ワーキングホリデーの斡旋業者がいくつもあり、職場から近かったある業者へ話を聞きに行くことにしたのです。
そこで、説明を2時間近くされ、やっと終わったかなと思った所で、その会社の代表の方が出てきて、「フランスにある〇〇というシェフが知り合いだから今、話を聞いてみる。」とどこかに電話をかけ始めました。
そのお店はパティシエの人ならみんな知っているような有名な日本人で、その方と知り合いだなんて凄いなと思っていました。
ワーキングホリデーは基本、海外で生活費を稼ぐことができるので、フランスへ行ってから職探しをする人も多いのですが、知り合いのいない私はそこが一番の不安材料だったのです。
少し経って、その代表の方が、「もし、フランスにワーキングホリデーが決まったらその人のお店で働けるように話を付けておいたよ。」と言ってくれて、今思えば本当に怪しいのですが、2時間も説明を受け、思考力が低下した時に嬉しい言葉をかけられるともう大丈夫だと思ってしまっていたのです。
そのやり方は詐欺の典型的なやり方だという事を後々に知る事になります。

そして、数日後には90万円のお金を振り込んでいました。
家族にも、フランスへ留学する事を伝え、会社にもそろそろ退職願いを出さなければいけないなと思っていた時に、その会社が詐欺の会社で捕まったというニュースが流れました。
一体自分に何が起こっているのか解らなくなって、どうしたらいいのか本当にわからなくなりました。
私の頑張って働いて貯めたお金は戻ってくるのか、フランスのお店で本当に働くことができるのか、親や兄弟に言ってしまったのに詐欺にひっかかってしまって応援してくれていたのに、恥ずかしいし申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
親に泣きながら連絡すると、次の日には飛行機で両親とも私のもとに来てくれたのです。
本当に情けなかったし、成人した大人なのに迷惑ばかりかけてと思いました。
一緒にどうする事もできないかを方々に連絡をしたり確認をしたりしましたが結局どうする事もできませんでした。
その詐欺会社に私はお金を払っただけでしたが、もっと悲惨な目にあった方のニュースを知る事があって、まだ私はよかったんだと思うしかない日々が続きました。
少しづつ前を向けるようになり、結局フランスへは行かなかったものの結婚してパティシエも続けています。
もし、あの時フランスへ行っていたら、今の幸せな生活はなかったのかと思うと、あれがあったおかげなのかと思いこむようにしています。
とはいえ、若者の夢を食い物にする悪徳詐欺業者は本当に許せません。

folder 暮らし、健康、子育て

生活を豊かにする食事
more...