人を利用して満足するずるい先輩

calendar

reload

人を利用して満足するずるい先輩

私の会社には、とてもずるい人がいます。
「吉田」さんという2歳年上で、同僚の中ではリーダー的な人物です。
自分中心で、自分が褒められたい、満足したいような行動を起こします。

吉田さんは、私が働き出す1年前に入社しました。
私が入社当時、気さくに話し掛けてくれていい同僚といった感じでした。
1か月ほど経った頃、吉田さんから遊びに誘われるようになります。

お酒やカラオケなど、友人のように親しくなったものです。
2か月経たった頃から、吉田さんは私を利用するようになります。
ある日の深夜、私が熟睡していると電話がなります。

吉田さんからの電話で、「飲みに行くので車で迎えに来て欲しい。」と言ってきました。
私が迎えに行くと、「ありがとう。じゃあ。」と言って自分だけ店へ入って楽しむ感じです。
いわゆる私は、運転手のような都合のいい人にされている訳です。

こういった運転手扱いの電話が週に2回続き、私は断るようにしました。
すると、吉田さんは、私の悪口を会社で言うようになります。

「仕事も出来ないのに、生意気よね。」
「スパイがいるよ。」

私が近くに行くと、避けて無視のような態度を取る吉田さん。
ある日、会社が終わり帰り際、吉田さんから声を掛けられます。

「今日、食事に行こう。」と、私は吉田さんと喫茶店へ行きます。
コーヒーを注文して、飲みながら会話をした2人。
飲み終わる頃、吉田さんは私に、

「このコーヒー代、私が払うから居酒屋での食事代はあんたが払ってね。」と、言ってコーヒー代の800円を吉田さんは支払いました。

喫茶店の後、居酒屋へ行った2人は、お酒と料理を食べて代金「3500円」は私が支払ったものです。
自分は少ないお金しか使わず、高い料金は他人に支払わせる吉田さんはずるい人です。

また、会話の中でもずるさを発揮して、自分が褒められる、尊敬されるよう話題を振ります。
男性社員が数人いると、

「お酒飲んでも酔わなく強いよね。誰の事とは言わないけど、へへへ。」
「あの社員、私が好きなんじゃない?絶対そうよ。仕事ができるとモテるから大変。へへへ」

自慢話をする吉田さん。
また、吉田さんは男性社員に好かれたいため媚びる行動もします。
社内でリストラの噂が出た時、吉田さんは先回りをして上司を接待したそうです。

バーに行き、上司の太ももや体を触って好きにさせるような行動をしました。
上司がその気になり、誘ってくれば上手くかわし肉体関係は拒否する吉田さん。
こんな吉田さんのような同僚は、ずるい、汚い表現が似合う女性と言えます。

この記事をシェアする

folder 暮らし、健康、子育て

生活を豊かにする食事
more...