そこまで節約するの!ママ友の徹底したドケチぶり

calendar

reload

そこまで節約するの!ママ友の徹底したドケチぶり

 

私の知人の女性は、とにかく倹約家として頑張っています。

「倹約家」といえば、聞こえは良いですが、はっきりいって、ケチという方が良いかもしれません。 

私が彼女と付き合うようになったのは、私の娘と彼女の息子が同級生ということからでした。いわゆるママ友として親交を深めていったのです。 

元々、節約に興味関心を持って家事に取り組んでいたようです。

私自身もどちらかといえば、ケチな部類に入ると思いますが、彼女のドケチぶりは筋金入りといったところです。

今では互いの子供たちも成人して、社会人として働いているにもかかわらず、ケチケチしていることを考えれば、ケチケチするのが趣味なのではとも思ってしまいます。 

彼女の場合、夫の意向もあり、アルバイトやパートもすることなく、主婦の道を歩み続けています。

残念ながら、彼女の夫にはお会いしたことはありませんが、どうして今時主婦に固執しているのか不思議でなりません。彼女の節約は、毎日の買い物にも表れています。

チラシなどを入念にチェックして、少しでも安いスーパーやディスカウントストア、ドラッグストアなどに自転車で通っています。

雨の日にはカッパを着用してまで通うほどです。「肉類は○○店」「野菜は○○店が安い」などと躍起になっています。

ただ、やめてほしいのが、スーパー等で試食を必ずするということです。

購入するつもりは全くないにもかかわらず、試食である程度の満腹感を得ようとしていることについては、啞然としてしまいます。 

彼女の節約は生鮮食品だけにとどまりません。

お化粧も全くしないというのも特徴です。見た目には全く気を使わないといった印象です。

男性にも興味はないといった感じです。特筆すべきは、インターネットも使用しないという点です。

世代的にも学校ではインターネットを学んだ機会はなく、パソコンの使い方もよくわからないといったレベル感です。

さすがにガラケーを持っているため、連絡を取ることは可能ですが、必要最低限の利用にとどめているということです。 

呆れてしまったのは、洗髪するのに石鹸を使用するということでした。

石鹸は、冠婚葬祭や贈答品などとしてもらえるものです。

今時、男性でも石鹸を使って髪の毛を洗う人はいないと思いますので、ある意味では大した人だと感心させられます。

そんな彼女ですから、さぞかし貯金をためこんでいるのではないでしょうか。何かと節約が求められる中、お手本にするつもりです。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけると大変うれしいです。 ヾ(*´∀`*)ノ

folder 人間関係

仕事は人間関係が大事
more...

folder ずるい人

労害でずるい人
私が経験したずるい人
ずるい元同僚
more...

folder 許せない

私の悲しみを分かって
一生許さない弟嫁
more...

folder 情けない

間抜けな主人 
more...